woodenvalleyのブログ

日々感じた事や思った事。大切にしてる事。ふとした事。子供の事。

すすむさんへ

昨年は私共の結婚式に御夫婦揃って参加していただきまして誠にありがとうございました。
晴れの場に居ていただいただけでなく、すすむさんの暖かく、また優しい声援のおかげで、私は舞い上がりそうな心を落ち着かせる事が出来ました。
また、挨拶の場では、心を強く持ち、しっかり自分の気持ちを言葉にして伝える事が出来ました。
今でも私の心に残っています。
本当にあの時はありがとうございました。
月日が経つのも早いものであれからもうすぐで一年になります。
父、ひとしが亡くなってからは五年が経ちました。
最近、父の事を考える事が増えました。亡くなった事で、また自身が大人になった事で、父親としての側面だけでなく、客観的に、また色んな立場や角度から、ひとし、という人間を見れるようになったのだと思います。
生きている間は決して好きにはなれませんでした。
あまり褒めれるような所が無く、決して強い人間でもなかったからです。今はそういった部分も唯一家族である自分達だけに見せてくれていた事が分かるようになりました。
父を思い出すと涙が溢れます。
きっと父もお父さんを思い出して涙を流していたと思います。
お母さんの命日は忘れた事は無かったと思います。
そんな事を考えると、私まで、おじいさんやおばあさんに会えなかった事が寂しく思えてきます。
そんなところで、きっと私は父のお墓が近くにできた今でも、父の実家のある京都の墓参りに行くのだと思います。
広告を非表示にする

心は共にある。

心は共にある。

たとえ遠く離れても。

共に頑張ろう。

共に乗り越えよう。

大切な仲間と共に。

f:id:woodenvalley:20171231184135j:plain

広告を非表示にする

休日の日課。

休日の日課とまではいかないが、父が眠る墓地の駐車場に車を停めて、少しの間参考書を読んだりと勉強する機会が増えた。隙間時間の活用で寄ったのがきっかけだった。今の自分にとって、勉強に取り組める事やそれが捗る事よりも大事な意味を持つようになった。父が後部座席に座っている気がする時がある。父の存在を感じる事で、信じる道を進もうとする背中を押してくれるというのか。生活する中で生まれる雑念の混じった心をリセットしてくれるというのか。感謝の気持ちが薄れている自分に気付かせてくれるというのか。黙って優しい顔をして見守ってくれている父に、頑張っている姿を見せたいという気持ちもあるんだろうと思う。

f:id:woodenvalley:20171230073344j:plain

広告を非表示にする

何が起こるか分からない。

何が起こるか分からないから、何が起こってもいいように、生きていけるように、将来を見据えて、努力を怠らずに頑張ろうと、父と別れる時に誓った。まだまだ旅の途中だけど、とりあえず今まで頑張ってこれたのは、家族が出来たのも非常に大きいと思う。まさか自分が結婚するとは思ってもいなかった。ずっとひとりだと本当に思っていた。ずっとひとりが本当に好きだった。そんな自分が今は、可愛い可愛い子供まで授かっている。人生は本当に何が起こるか分からない。

f:id:woodenvalley:20171224102654j:plain