woodenvalleyのブログ

日々感じた事や思った事。大切にしてる事。ふとした事。子供の事。

親について。

親について深く考える、また考えるようになる瞬間は最低でも2つあると思う。それは自分が親になった時と親が亡くなった時ではないだろうか。

私と父はずっと友達のような存在だった。普通は秘密にするような事も、どんな事でも話してきたから、成人してからはもう改まって話すような事は何も無かった。お互いに全てを知っているというような感じだった。父が余命を宣告されてからでさえ、他愛のない会話しかしなかった。心が言葉を越えているような、何か達観した自分がいた。父が元気な間にやっておきたい事も後悔も一つも無かったので、父が亡くなった瞬間もやはり冷静だった。新人の看護士さんが泣いてくれていたのを覚えている。短い入院で少し仲良くなっていたのだろうか。またある看護士さんは、こんな緊迫した状況で家族が見舞いに来ない事を不思議に思っていたと話してくれた。父は当時何も話してくれなかった。今なら分かるが父は全てを知っていたんだろう。みんなと離れる事を受け止める事が出来なかったんだと思う。だから最後の最後で距離を置く選択をした。

今では父に関わるそんな些細な事もすごく気になって考えるようになった。こんな事は全く想像出来ない事だった。私は父に対して全く執着や依存が無かったし、父の死をしっかりと受け入れて受け止めたと思う。そんな人間でさえ、気が付けば父の人生を振り返ったり、父の事を思って寂しくなる機会が増えている。

そう考えると、みんな頑張っているんだなと思う。親の死を受け入れる事が出来ず苦しんでいるのかもしれない。生きる気力を失う人の気持ちも否定する事は出来ない。私のように変わり者で強い人間は少ないと思う。乗り越えられない可能性もある。だからこれから親の死を経験する人には、どうか相当の覚悟を持ってもらいたいと思う。一度親が死んだつもりで、悔いのないように残りの時間を大事に共有してもらいたい。また、親の死を経験した人には、困難や悲しみに直面した時など、気軽にコミュニケーションやアドバイスをもらう事が出来ない代わりに、今は自身と同化し、同じ目線で一緒に向き合い、乗り越えようとしてくれていると安心してもらいたいと思う。心は二つになって、今は完全な一人ではないんだと、気休めでも心が楽になってもらいたい。

f:id:woodenvalley:20170622224316j:plain

広告を非表示にする