読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

woodenvalleyのブログ

日々感じた事や思った事。大切な事。ふとした事。子供の事。

本日はお忙しい中。

本日はお忙しい中、また寒さも厳しい中、私たちの為にお集まりいただきまして誠にありがとうございました。

皆様には、たくさんのご祝辞や温かい激励の言葉、そして心のこもった余興までしていただきまして、重ねて感謝を申し上げます。私は今、皆様への大きな感謝と大きな喜びで胸が一杯です。私は、彼女との結婚を決めた時に、彼女にどんなことがあっても生涯守り続ける事を誓いました。また彼女の、大切なご両親の老後を看てあげたいという優しい想いにも、全力で支える事を誓いました。それらの決意が、結婚して一年経ちますが、更に強くなっている喜びを、皆様のおかげで今一番ひしひしと感じております。

私が彼女と一緒になれたのは、大きなご縁によって導いていただいたおかげですが、私なりにも決意をさせていただきました。その時に、私の背中を押してくれたのが、今は天国にいる父でした。彼女と付き合ってしばらく経った時の事ですが、私は彼女の誰にも負けない明るさや、ハートの良さにとことん惹かれていましたが、どうしてもお互いに譲れない人生設計の違いがありました。私は、彼女の人生、幸せを最優先に考えた結果、一緒にいないほうがいいという結論に至りました。ちょうどその時に、私の胸の中に、この子やで、という優しい父の声が何度も響いてきました。とても不思議な感覚でしたが、とにかく嬉しかった事を覚えています。私は、父のその言葉のおかげで、正しい選択をする事ができ、今こうして皆様の前に立つ事ができています。

父はとても照れ屋なので、今この場にはいませんが、きっとどこかで見てくれていると思いますので、その大好きな父と、この場をお借りして、大切な皆様に、改めて誓わせていただきます。私は、生涯彼女を幸せにし、生涯命を燃やして家族を守っていきます。また彼女は、大切なご両親が老後を迎えた時に、必ず優しく見守りますので全力で支えさせていただきます。ただ、今日この場のように、皆様がいてくださるお陰で、私たちは目標に向かって頑張る事が出来ます。まだまだ未熟な私たちですので、これからもより一層のご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い致します。そして、皆様のご健闘とご多幸をお祈り致しまして、私たち夫婦のお礼の挨拶にかえさせていただきます。

皆様、本日は誠にありがとうございました。

f:id:woodenvalley:20170221211443j:plain